なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

ヒトデ氏の「嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命」読みました

スポンサーリンク

ヒトデ氏(私はヒトデさんではなく、勝手にヒトデ氏と呼んでいます)が書かれた書籍が発売されたので、購入して読みました。 

タイトルは、「嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命」。

嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命

嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命

  • 作者:ヒトデ
  • 発売日: 2021/03/17
  • メディア: Kindle版
 

 

書籍の内容は、「目新しいなにかではない。よく言われているかもしれないけれど、大事なことを改めて言った。」という感じです。

 

というわけで、読書感想文です。

 

目次

 

こんな人にオススメしたい

  • 初心に帰ってなにかをしたい人
  • 新たになにかを始めたい人
  • ヒトデ氏のファン

初心に帰ってなにかをしたい人

何かをやっていると、途中で初心を忘れがちです。

初心者向けな書籍だと私は感じたので、「あの時のフレッシュな気持ち」に戻れるように思います。

 

新たになにかを始めたい人

「新たに○○をしたいけど時間がない!」という人にも良さそうに感じました。

ヒトデ氏がブログを書く時間を、どう捻出したか書かれているからです。

時間がないけど何かしたい、そんなときにも応用できると思います。

 

ヒトデ氏のファン

まぁ、ファンなら買いますよね。

私もヒトデ氏のファンなので。

 

 

第1章 凡人くんの生活革命

まず、「やりたいけど時間がない」をどうにかしようという話です。

時間は有限で、誰もが平等に与えられています。

睡眠時間は削っちゃダメよとあるので、一安心です。

もし「寝る間を惜しんで」とあったらどうしようか、と真剣に思いました。

 

ヒトデ氏の作業環境も紹介されています。

興味のある方は目を通してみると良いでしょう。

 

 

第2章 凡人くんの副業革命

「もしかしてこれは、本業や別のことにも生かせるのでは」ということが、ヒトデ氏の言葉で書かれています。

PDCAなど、聞いたことがある方も多いかもしれません。

「こう、なんていうかパッとできるやつ」ではないです。

地道です。

地道ですが、継続こそ力なれということです。

 

 

第3章 退職から成功までのロードマップ

・・・とありますが。

実際、会社を辞める必要はないです。

 

ヒトデ氏が退職されてから、どのようにして現在に至ったか、という視点で見ると興味深いです。

 

ブログがきっかけでお付き合いした彼女さんと、のちに結婚されたそうです。

改めて、ご結婚おめでとうございます!!

 

 

第4章 凡人くんのお金革命

この記事を読んでくださっているあなたもかもしれませんが、お金に関して不安になりませんか?

「働いているけれど、お金に関して心配事が尽きない」という方も多いと思います。

知らないことは、どんなことだって不安です。

お金に関して知れば、不安は和らぎます。

 

また、ヒトデ氏が感じた、成功者に共通する考え方もあります。

改めて言いますが、目新しいものではありません。

ただ、この書籍でも出てくるということは、それがいかに大事だということでしょう。

 

 

第5章 凡人くんの発信革命

ここで、情報発信、たとえばブログについて書かれています。

「でも何書くの?」もこの書籍が解決してくれます。

 

より詳しいことは、ヒトデ氏のサイトを参照ください。

hitodeblog.com

 

 

「継続は力なり」ということ

「嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命」の読書感想文でした。

感想文書くの不得意なもので、書籍の内容のまとめみたいな形になりましたが。

 

正直、目新しいことはないです。

しかし、よく言われていることがいかに大事か、また、いかに継続が大事かを痛感させられます。

気付いたらしなくなっている物事って、案外多いのではないでしょうか。

 

↓こちらから購入できます↓

嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命

嫌なことから全部抜け出せる 凡人くんの人生革命

  • 作者:ヒトデ
  • 発売日: 2021/03/17
  • メディア: Kindle版
 

 

ヒトデ氏は、「会社に雇われるより、自分でなにかをする方が向いているタイプかな?」と思いました。

努力を継続された結果、今のヒトデ氏があるのかなと思います。

いい意味で凡人で、いい意味で非凡なヒトデ氏が書かれた書籍の、読書感想文でした。

 

ヒトデ氏、出版おめでとうございます。

▲PAGE TOP

スポンサーリンク