なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

これからは自分の音で演奏するということ

スポンサーリンク

私はフルートとピアノを趣味で演奏します。

人前で、ミニコンサートと称して演奏をしたこともあります。

音が素敵と褒められたこともあります。

ただ、どこか物足りなさがありました。

 

何が物足りないか考えました。

音は褒められます。

演奏技術はまだまだだと感じていますが、それとは異なる感覚がありました。

音が出ていればいいというなら、機械でもできます。

機械のほうが正確でしょうね。

 

正確であればそれでいいのか考えました。

私には好きな演奏家がいます。

ミスはあります。

それでも惹きつけられるのです。

ミスがあるのに惹きつけられる演奏とはなんなのでしょうか。

 

ミスがあるのに惹きつけられる演奏がなんなのか考えました。

使うのがたとえ指先や口であっても、全身から奏でられる音。

全身を使った演奏。

 

だんだんと見えてきました。

 

ここで私は、音楽教室で楽器を習うか悩みました。

プロから習えば、色々と良い点もあると思いました。

しかし、どこかしんどいと感じるのです。

それはどういうことなのか。

また考えます。

 

私の中の記憶をたどります。

道端でひっそりと咲く、淡いピンク色のコスモス。

畑の向こうの、何百メートル続いているか分からないくらい広い田んぼ。

緑の木々。

普段は忙しさで忘れていたけれど、私は自然に癒されてきたことを思い出しました。

 

ある人は言いました。

「あなたは幸せになって良いのよ」。

私はそう言っていただけて、とても嬉しかったです。

 

私はある時、情熱大陸(葉加瀬太郎)がうまく吹けずに終わりました。

「音は出るけれど、全然葉加瀬さんみたいな演奏じゃない」。

葉加瀬さんの演奏はとても楽しそうで、ダンスが致命的に苦手な私ですら踊り出しそうなくらいでした。

 

何かが私を縛っているのだろうと思いました。

ああしなければならない、こうでなければならない。

「楽しまなければならない」と思ってやる趣味は楽しくないです。

多少失敗しようが、演奏者が楽しそうなら見ている側も楽しくなります。

 

私自身が楽しまないでどうするんだ?

誰かに指示されているわけでもないのだから、好きにすればいいじゃないか?

まず、私が楽しもう。

私は、楽しんで良いんだ。

 

「私は、楽しんで良いんだ」と少し思えるようになってから、なにかが変わり始めました。

練習したせいもあるけれど、私はいつもよりも冷静に自分の音を聴いていました。

とあるフレーズで、指がうまくまわるようになりました。

つまり上達しました。

練習しただけでは説明がつかないことが起こりました。

なにかが変わり始めました。

「私は、楽しんで良い」のです。

誰もダメなんて言っていないのに、ダメだと思い込んで自分を縛り付けていました。

「今まで何やっていたんだ」じゃない、「今気付けてラッキー」です。

 

 

「私は、楽しんで良い」、そして「あなたも、楽しんで良い」。

悲しみやつらさに蓋をせず、ありのまま感じて良いと私は思います。

「これからは自分の音で演奏するということ」は、「楽しむということ」だと思いました。

 

情熱大陸

情熱大陸

  • 葉加瀬 太郎
  • サウンドトラック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

最初のほうを試聴しただけでも、楽しい雰囲気が伝わってきますよね。

 

▲PAGE TOP

スポンサーリンク