なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

ゴーヤ料理14選、ほとんどメモ

スポンサーリンク

最終更新日 2018年1月29日

 

本当にメモって感じです。

料理する際のヒントになれば嬉しいです。

なおやんのブログは、あなたの快適なゴーヤライフを応援します。

 

 

 

ゴーヤは1本使うことを前提として書いてます。

なお、分量などの細かいレシピは各自調べてください。

クックパッドはこちら→ レシピ検索No.1/料理レシピ載せるなら クックパッド

 

 

目次

 

 

ゴーヤの苦味の取り方

品種によって苦味の強さは異なります。

緑色のゴーヤよりは白色のゴーヤのほうが、苦味が少ないです。

とはいえ、食べ慣れない人は苦く感じるものですよね。 

個体差があるため、白いゴーヤでも割と苦く感じるものだってあります。

 

全部に共通する下準備です。

まず、中のワタを取って、3(mm)程の厚さにカットします。

切るのがちょっと難しいけど、薄めのほうが苦味が抜けやすいです。

イボイボをまな板側にして、内側から切るようにすると切りやすかったです。

 

このままだと苦いので、後に書く苦味の取り方へ!

 

 

苦味の取り方1 塩ゆで

塩を入れた水で茹でます。

茹で汁は苦くなるので注意が必要です。

 

 

苦味の取り方2 塩もみ

塩もみします。

塩をかけてもみもみします。

しばらくすると水分が出てきます。

出てきた水分(苦味の元)を捨てます。

 

 

苦味の取り方3 塩と砂糖でもむ

塩と砂糖でもみもみします。

しばらくすると水分が出てきます。

出てきた水分(苦味の元)は捨てます。

 

 

苦味の取り方2と3は、炒め物や揚げ物の際に使うと良いです。

茹でたときと違って、水っぽくならないからです。

油はゴーヤの苦味を抑えるのに良いらしいので、合わせ技です。

 

苦味の取り方と書いたけど、このまま食べると苦いです。

だから、更に調理して食べてくださいね。

 

 

 

ゴーヤ料理メモ

 

ゴーヤの肉詰め

ピーマンの肉詰めのゴーヤバージョン。

味付けとして、タネにちょっとカレー粉入れると、ゴーヤ感が減ります。

 

 

ゴーヤのマリネ

玉ねぎをスライスし、水にさらした後、ゴーヤとシーチキン1缶とオリーブオイルなどで和えます。

お好みのハーブを入れると、ゴーヤ感が減ります。

マリネの元みたいのを使うのも良いですよ。

フォション シーズニングミックス ハーブマリネ 4.6g
 

我が家では上の商品のシリーズのカルパッチョの方ばかり使っているけど、ハーブの風味でゴーヤ感が減ります。

スーパーでは、香辛料が売られているコーナーにあると思います。

 

マリネの上に2(cm)角に切った絹豆腐をのせると、さっぱりと食べられます。

 

 

ゴーヤチャンプルー

よく聞くアレです。

最後に鰹節をかけると、ゴーヤ感が減るらしいです。

 

 

ゴーヤとたまごとザーサイの炒め物

f:id:Naoyan:20160815234848j:image

ゴーヤがキュウリになっても大丈夫です。

まず、たまごをふんわり炒めて取り出します。

次にゴーヤを炒めます。

火が通ったら、刻んだザーサイを入れて炒めます。

ザーサイの汁と醤油を入れて炒めます。

最後にたまごを入れて炒めます。

 

メーカーにもよるけど、ザーサイは割と濃い目に味付けしてあるので、味が濃くならないように注意が必要です。

 

一回で全部使っちゃうので、炒め物の時はパックの商品のほうが楽ですよ。

 

国産 味ざーさい  ※九州産ザーサイ使用

国産 味ざーさい  ※九州産ザーサイ使用

 

国産のザーサイ。

  

 

ゴーヤのニンニク醤油炒め

ニンニクは多めがおススメです。

油を敷いたフライパンに、みじん切りにしたニンニクを入れて炒めます。

炒めているといい香りがしてくるので、ゴーヤを入れます。

ゴーヤに火が通ったら、醤油を回し入れて炒めます。

まんべんなく味が行き渡ったら完成です。

 

ニンニクの香り、味で、割とゴーヤ感が減ります。

ニンニク好きにはたまらん一品です。

お父さんのお酒のつまみにも良いですよ。

好みで、ネギが入っても美味しいです。

 

 

ゴーヤとちくわのきんぴら

きんぴらごぼうを作る要領で。

ゴーヤは縦長になるように、ちくわとサイズをそろえて切ります。

ゴマが入ると美味しいです。

きんぴらの香ばしい香りが、全国のお父さんのビールのピッチを上げそうな予感です。

 

 

ゴーヤのあんかけ

鶏そぼろあんを作り、茹でたゴーヤの上にかけます。

あんの味は、和風でも中華風でもいいですね。

麻婆豆腐の元を使ってとろっとしたあんを作り、かけても美味しいです。

あんかけにゴーヤの苦味が無いため、麻婆ゴーヤより食べやすいです。

 

 

麻婆ゴーヤ

なかなか強引だけど、麻婆茄子などの作り方と一緒です。

茄子がゴーヤになっただけです。

先に茹でて苦味を減らしてから調理します。

それでも、あんかけより苦味が強く感じられると思います。

丸美屋 麻婆豆腐の素 甘口 162g

丸美屋 麻婆豆腐の素 甘口 162g

 

 

 

夏野菜のカレー煮込み(炒め煮?)

ゴーヤ含む、夏野菜を使用します。

水は不使用です。(※重要)

シーフードや鶏肉を入れると美味しいです。

 

肉やシーフードを炒めてから、切った野菜を投入します。

ふたを閉めて、弱火から中火くらいで加熱します。

野菜から水分が出てきたころに、カレー粉を入れて炒めます。

まんべんなくカレー味になったら完成です。

 

水を入れると、汁が苦くなるのもあるけど、野菜の消費率が減るのでおススメしません。

カレー味のおかげか、ゴーヤ感が減ってかなり良いです。

 

我が家ではS&Bのカレー粉を使ってます。 

S&B 赤缶カレー粉 84g

S&B 赤缶カレー粉 84g

 

 

生春巻

中の具は、ゴーヤ、チーズが入ってればなんとかなります。

生ハムやエビが入っていても美味しいです。

ゴーヤは茹でたものを使用します。

チーズのおかげでゴーヤ感が減ります。

モッツァレラチーズなど、濃厚なチーズが良いですよ。

食べられる範囲での変わったチーズを使うことで、ゴーヤの癖をかき消してくれます。

 

生春巻を作る際は、ライスペーパーを使います。

平らなお皿に水をはって、ライスペーパーを軽く浸して具を巻きます。

次第に水分を吸って柔らかくなります。

 

 

ゴーヤの天ぷら

定番かもしれないけど、天ぷらにすると苦味が減る気がします。

輪切りにすると、見た目がきれいです。

 

輪切りにしてから、中のワタをギザギザのスプーンで掻き出せば良いです。

母によると、揚げる際は結構油がはねるらしいので、調理の際は要注意です。

お鍋のふたで防御できます。

(天ぷらはいつも母が作っています)

 

 

ゴーヤのカレーマヨ和え

切って茹でたゴーヤをざるにあけて、しばらく放置して水気をとります。

ボウルにゴーヤを入れます。

マヨネーズ、カレー粉を入れて和えます。

ゴーヤを少し食べてみて、苦味が強ければ中辛に近くなるようにカレー粉を入れます。

さほど苦く感じなければ、甘口くらいかお好みの辛さになるようにカレー粉を入れます。

カレー粉が入ると、苦味がかなりマイルドに感じます。

赤缶カレー粉 - S&B 84g

赤缶カレー粉 - S&B 84g

 

↑こういうカレー粉を使ってくださいね。

 

 

 

まだ作ってないゴーヤ料理

 

ゴーヤの佃煮

そういうものがあるらしいです。

ちりめんじゃこを一緒に入れると美味しいと思います。

 

 

ゴーヤチップス

天ぷらなどよりも薄くして、ポテトチップスみたいにカリッと揚げたものです。

「大好き!(by近所のゴーヤ好きさん)」です。

▲PAGE TOP

スポンサーリンク