なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

感覚過敏があると指摘された

スポンサーリンク

感覚過敏とは、文字通り感覚が通常より過敏なことです。

「普通って何?」となってしまいますが、「多くの人が気にならないことでも気になってしまう」という感じです。

 

 

 

目次

 

 

感覚過敏があるとの指摘

感覚過敏や感覚鈍麻(感覚が鈍い)で調べると、発達障害のサイトにたどり着くことが多いです。

しかし、調べた限りでは、発達障害がなくても感覚過敏がある人がいるようでした。

 

最近、知人に「感覚過敏があるのではないか」と指摘されました。

母に「感覚過敏があると思う?」と聞いたら、「感覚過敏がある」と言われました。

感覚過敏について調べるにつれて、自分の中のもやもやが少しずつほぐれていきました。

そして、今まで苦しかったことの説明がつくような気がしました。

 

今の私がどんな感じなのか、メモがてら書いておきます。

ただし、感覚は数値化できません。

自分の“普通”を書くのはなかなか難しいです。

指摘されて気付くものです。

なので、抜けている部分もあります。

 

感覚は一部かぶる部分があると思うので、曖昧な分け方をしています。

また、一部潔癖症なのか感覚過敏なのか怪しい部分があるけど、それも一応書いておくことにしました。

感覚鈍麻については、今のところ思い当たる節が無いので省略します。

 

 

視覚

光沢のある金属が苦手

柄のあるものはだいたい苦手、細かい柄だと目がちかちかする

タイル張りの道を歩くと、平衡感覚がおかしくなるので苦手

昔はよく乗り物酔いしていた

 

 

 

聴覚

騒がしい場所が苦手(私が不登校となった原因の一つ)

今住んでいる家の窓ガラスは全てペアガラスだが、自室にいても母の車のエンジン音が分かるときがある

部屋のドアの開閉音が気になる

壁に設置された電気のスイッチのON/OFFの音が気になる

自宅で、隣の部屋の話し声が気になる

紙を破く音が苦手

大声や大きな物音が苦手

 

 

 

嗅覚

車のタイヤ交換の際、一時的に玄関ルームにタイヤを置くのだが、硫黄のにおいが鼻につく(タイヤに硫黄が使われている)

化粧品のにおいが苦手

 

 

 

触覚

くすぐったがり屋で、自分で自分をくすぐってもくすぐったい

鼻緒が当たる部分が痛くてくすぐったいため、鼻緒付きの履物が履けない

裸足で風呂場の洗い場に立つのがつらい

化粧が苦手

塗り薬を塗ることはできるが、日焼け止めが苦手

かぶれやすい

紙を爪でひっかく感じが嫌

 

 

 

味覚

食べ物ではないが、歯磨き粉特有の味が苦手

偏食がひどい

煮物が苦手

同じ食べ物でも、調理法によって苦手になる

例えば、サラダに添えるキュウリやキュウリスティックは苦手だが、漬物や薄くスライスされたキュウリ、加熱されたキュウリは食べられる

そもそも果物は特別好まないが(好きレベルは普通)、生の果物が苦手なことが多い

なので、ドレッシングを付けたり、サラダと一緒に食べる

 

 

 

対処法として行っていること

避けられるものは、極力避けています。

例えば、わざわざにおいを嗅ぎに行く必要はないですね。

持ち物も、光沢が少ない加工をした金属を使っているものや、無地のものを選ぶなどすれば良いです。

 

 

タイル張りの階段を通るときは、手すり付近を歩きます。

手すりがあるため、転倒防止になります。

それに、手すり付近には、階段に線状の黄色の印があることが多いです。

黄色の印のおかげで、どこからが段差なのか非常に分かりやすいです。

 

 

余計なことが気にならないよう、音楽を聴きながら作業を行うこともあります。

時と場合によりけりですが、外の音が聞こえる程度の音量で音楽を聴きながら歩く、誰かと一緒ならその人と話す、などです。

ある感覚だけが研ぎ澄まされないよう、気を紛らわせます。

 

 

 

視力や聴力、嗅覚について

視力は、はっきり言って悪いです。

裸眼でパソコン作業ができません。

聴力も、中学生頃からずっと耳鳴りがあるため、正常範囲内ではあるものの、耳鳴りの音の高さの部分だけ聴力が低く出ます。

気圧の変化には弱い方で、ドライブ中、だいたいの場合で同乗者よりも先に耳がおかしくなります。

アレルギー性鼻炎もちなので、鼻炎もちではない人よりも鼻が利かない(はず)です。

 

 

 

進学先は化学系かつ工学系

高校卒業後に進学したのは、化学系の学校です。

実験では色んな薬品を使いました。

水酸化ナトリウム、硫酸をよく使った記憶があります。

薬品のにおいはどうなのかと聞かれたら、そこまで気にならなかったです。

むしろ、実験室のうるささの方が気になりました。

 

 

 

やっとスタートに立った

感覚過敏については、自分でもよく分からない部分が多いです。

自分で気付いていない部分も、まだ多いと思います。

苦手な対象の共通点が見えてくると、他人に説明しやすいです。

感覚過敏だと分かったのは、ゴールではなくスタートに過ぎません。

▲PAGE TOP

スポンサーリンク