なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

パソコンのバッテリーを長持ちさせるための設定

スポンサーリンク

最終更新日 2018年1月26日

 

3代目パソコンの dynabook KIRA V73 のバッテリーが長持ちするように設定しました。

OSは Windows 8.1 です。

 

 

今回設定するのは、下の画像のPCです。  

すっきりしたデザインだけど愛らしいですよ。

 

 

 

設定した項目一覧

 

 

設定した項目の、1番目から5番目までについてです。

 

デスクトップ

→PC

→(左上のほうにある)コンピューター

→コントロールパネルを開く

→ハードウェアとサウンド

→電源オプション

→プラン設定の変更

→詳細な電源プランの設定(C)

・・・でたどり着いた先で設定します。

 

 

ディスプレイの明るさの設定

ディスプレイ → ディスプレイの明るさ から。

バッテリ駆動、電源に接続 ともに、15% に設定しました。

 

 

ディスプレイの電源を切る時間

ディスプレイ → 次の時間が経過後ディスプレイの電源を切る から。

バッテリ駆動、電源に接続 ともに、5分 に設定しました。

 

 

スリープになるまでの時間

スリープ → 次の時間が経過後スリープする から。

バッテリ駆動、電源に接続 ともに、15分 に設定しました。

 

 

カバーを閉じたときの設定

電源ボタンとカバー → カバーを閉じたときの操作 から。

バッテリ駆動、電源に接続 ともに、スリープ状態 に設定しました。

 

 

電源ボタンを押した時の設定

電源ボタンとカバー → 電源ボタンの操作 から。

バッテリ駆動、電源に接続 ともに、スリープ状態 に設定しました。

 

 

 

設定した項目の6番目、7番目についてです。

このPC限定かもしれないのですが、東芝のPCなら同じだと思うので書いておきます。

 

まず、TOSHIBA ecoユースリティ(地球に葉っぱが生えたような緑色のもの)を立ち上げます。

 

 

キーボードバックライトの設定

ecoモード をクリックし、キーボード左下のほうにある FN(ファンクションキー)と Z を同時に押します。

すると、キーボードバックライトの設定が変わります。

あとは、好きなように設定します。

私は、キーボードバックライトは オフ にしました。

 

 

バッテリーを長持ちさせるための充電方法に変更

バッテリーライフサイクル をクリックし、eco充電モードを on に設定しました。

on だと、満充電での容量が少ないため、外出先でのバッテリー駆動時間は少なくなります。

しかし、コンセントから電源供給することが多い人は、on の方がバッテリーが長持ちして良いです。

ここは、自身の使い方に合わせるほうが良いですね。

 

 

しばらく使ってみて使いづらければ、より使いやすい設定に変えていきたいと思います。

 

 

 

 

▲PAGE TOP

スポンサーリンク