なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

一泊二日 東京旅行の、服装及び持ち物

スポンサーリンク

2017年12月19日更新

 

一泊二日で、富山県から東京都に旅行する際の、服装と持ち物についてです。

旅行時期は2015年の夏です。

 

 

目次

 

 

 

予想される東京の天気・気温

先ほど見たところ、曇り時々晴れとか、晴れ時々曇り。

最高気温は34度くらいで、最低気温は25度と27度。

なかなか暑いですね。

(2015年7月当時)

 

 

旅行時の服装

  • 無印良品のオックスボタンダウン半袖シャツ(サックスブルー
  • JACKの長ズボン(黒)
  • しまむらのベルト(
  • メーカー不明 ハイソックス(黒)
  • Reebokのスニーカー(黒、中は水色
  • 遊喜のショルダーバッグ(黒)

 

半袖シャツは、しわが気にならない素材です。

爽やかな色なので、見た目は涼しげに感じます。

 

長ズボンは、スタイルが良く見えるうえに、はき心地が良いです。

ズボンは二日目もはくため、汚れが目立たないほうが良いですね。

このズボンをはくときはベルトをします。

 

靴下は、スーツに合わせることも可能なくらいシンプルです。

 

Reebokのスニーカーは、軽くて履き心地が良いです。

それなりに通気性があるので、夏でもなんとかなりそうです。

持っているものと異なりますが、こんな雰囲気です。 

 

ショルダーバッグは、A4のファイルが入るサイズです。

このバッグに荷物を全部入れて、肩から下げて行きます。

上の画像の黒いバッグを、ビジネス寄りにした感じです。

 

 

身に付けるもの

ヘアゴム

私は髪が長いため、季節に応じてヘアゴムで髪を結っています。

 

腕時計

↓似ている商品だとこんな感じです。

 

眼鏡

アレルギー性結膜炎があるので、コンタクトレンズ使用不可です。

 

 

バッグに入れるもの 

着替えの袋

  • 無印良品のオックスボタンダウン半袖シャツ(サックスブルー)
  • 下着上下
  • UNIQLOのタンクトップ(下着)
  • メーカー不明のハイソックス(黒)
  • ハンカチ

これらを濃い色のビニール袋に入れ、バッグの身体に当たる側に入れます。

そうすれば、衣類がクッションとなって、歩いても腰が痛くなりにくいです。

 

貴重品

  • 財布(現金、テレフォンカード、銀行のキャッシュカード、全国で使えるポイントカード、免許証、切符)
  • 携帯電話(ガラケー)
  • iPod touch5

 

ポーチ

  • iPodの充電器
  • iPodのイヤフォン
  • カラビナ付き、自宅の鍵
  • プラスティックの櫛
  • ばんそうこう(中くらいの2枚と小さいもの3枚)
  • 水に流せるティッシュ3パック
  • ポリ袋3枚
  • 薬(ジッパー付き袋に入れる)

 

その他

  • 眼鏡ケース(中に眼鏡拭きあり)
  • 折り畳み傘
  • 一日目の分のペットボトル飲料、合計で約800ml
  • ストール(持っていると安心する)
  • タオルハンカチ
  • 扇子

快適さと節約したい気持ちをとるとこうなります。

とにかく身軽が良いなら、道中で飲料を購入するのが良いです。

 

 

荷物を減らすために工夫した点

携帯電話(ガラケー)は充電してから行く

ガラケーで、電池持ちが良いです。

充電しておけば、充電器を持っていく必要はないです。

 

ホテルにあるものを確認する

お風呂に入るのに必要なものがあるか、寝間着があるか、歯ブラシはあるか・・・を確認しておきます。

入浴グッズや寝間着、歯ブラシは、ホテルのアメニティを利用することにしました。

 

時刻表は写真に撮っておく

田舎在住限定?

時刻表を撮影しておくと色々はかどります。

 

 

総重量

合計の重量はおよそ3.1kgになりました。

移動中に飲み物を飲むため、夜には2.3㎏程になっているはずです。

 


 

濃いめのカルピス、旅行のおともにおススメです。

▲PAGE TOP

スポンサーリンク