なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

一泊二日 名古屋旅行の、服装及び荷物

スポンサーリンク

2017年12月19日更新

 

一泊二日で、愛知県名古屋市へ旅行に行く際の荷物と服装です。

旅行時期は、2016年5月です。

 

目次

 

 

天気予報

一日目 21日(土)

富山

晴れ 降水確率 0%

最高気温 24度 最低気温 13度

 

名古屋

晴れ 昼の12時以降の降水確率 0%

最高気温 28度 最低気温 15度

 

二日目 22日(日)

名古屋

晴れ 降水確率 10%

最高気温 27度、最低気温 15度

 

富山

晴れ時々曇 降水確率 10%

最高気温 26度、最低気温 13度

 

 

旅行時の服装

  • カーディガン(オフホワイト)
  • COMME CA ISMのストール(水色
  • UNIQLOの七分丈ブラウス(白色)
  • COMME CA ISMのフレアスカート(紺色
  • ストッキング
  • Regal Walkerの革靴(黒色)

 ※ デフォルトで、メガネ、ヘアゴム、腕時計

 


 

Regal Walkerの靴は歩きやすいので愛用しています。

 

 

荷物

先日作ったリュックサックに荷物を入れていきます。

f:id:Naoyan:20160520193350j:image

 

衣類など

  • ビニール袋(下着1、ストッキング2、ハンカチ1)
  • ファイル(高速バスのチケット、ホテル予約の紙、高速バス時刻表、飲んでいる薬の説明用紙、リーディングルーラー)

 

衛生用品など

  • ウェットティッシュ
  • スーパーの袋3
  • マスク2
  • 薬(普段飲む薬、頓服、目薬、かゆみ止め)
  • ばんそうこう
  • 障害者手帳
  • ヘルプカード
  • サングラス
  • 耳栓
  • ノイズキャンセリングイヤフォン
  • メガネケース(中にメガネ拭き)

 

貴重品類 

  • カラビナを付けた自宅の鍵
  • 財布(ポイントカードなどは、名古屋にもお店があるもののみ)
  • 富山地方鉄道のICカード
  • 携帯電話(ガラケー)
  • iPod touch第5世代
  • レンタルのモバイルwi-fiルータ
  • iPod touchとルータの充電器

 

細々としたもの 

  • ハンカチ
  • ティッシュ3
  • 口紅
  • プラスティック製の櫛
  • 折り畳み傘
  • 扇子

 

飲食物

  • グミ
  • 300ml程度の飲み物1
  • 500mlの飲み物1

 

 

荷物を減らすために工夫した点

寝間着や洗面道具など、ホテル備え付けのものを使用します。

携帯電話はガラケーで、充電してから出発するから、電池の心配はそれほどいりません。

 

 

総重量

荷物の総重量は3.7kg、飲食物が無い時の重量は2.9kgでした。

ちなみに、私が東京旅行に行った際は、飲み物込で3.1kg、飲み物無しで2.3kgでした。

重くなっていますね。

 

 

服装と荷物の見直し

服装の見直し

名古屋の夜はとにかく、帰ってきた日の富山の夜が冷えました。

カーディガン羽織ってストール巻いて寒さをしのぎました。

 

服装は、我ながら良かったと思います。

ストッキングでかぶれたけど、靴下履いてもかぶれるからどうしようもないです。

 ※ かぶれですが、圧迫が原因のようです。

 

荷物の見直し

△ファイル

(高速バスのチケット、ホテル予約の紙、△高速バス時刻表、△飲んでいる薬の説明用紙、△リーディングルーラー)

このうち、高速バス時刻表と飲んでいる薬の説明用紙、リーディングルーラーは使いませんでした。

時刻表などはiPod touchで写真を撮って、データとして持ち歩く方が良いですね。

最近体調を崩す頻度が増えているから、薬の説明用紙は迷うところです。

リーディングルーラーは、家に置いてきても良かったです。 

 

△スーパーの袋3

ごみを入れるのに良いので、適切な個数や大きさをみておきたいです。

コンパクトになる可能性があります。

 

△ヘルプカード

無くても大丈夫でした。

 

△メガネケース(中にメガネ拭き)

寝る時ケースに入れようと思ったけど、入れずに寝ていました。

メガネケースはともかく、メガネ拭きは無いと困ります。

 

△口紅

使ってないです。

身嗜みとしては使う方が良いですよね・・・。

 

  

持って行かなかったが必要だと感じたもの

寝るとき用の耳栓

 

ホテルでは、思っていたよりも音が聞こえて、寝付けませんでした。

環境の変化が苦手な人は、いつもと違うことがすごく気になりやすいです。

 

自宅で使っている寝るとき用耳栓(サイレンシア)をそのまま持っていけば良かったです。

安眠できるように、各々対処した方が旅行を楽しめますね。

▲PAGE TOP

スポンサーリンク