なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

MOS Excel 第3章 テーブルの作成

スポンサーリンク

勉強範囲

Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2013 対策テキスト& 問題集(改訂版)

第3章の範囲、157ページ~177ページ。

 

 

勉強時間

30分

 

 

勉強メモ

セル範囲テーブルに変換したり、テーブルからセル範囲に変換するのは簡単に感じた。

Excelは良い子なので、セル範囲を認識してくれる。

わざわざ範囲選択しなくて良い。

その分というか、ひとつのシートにひとつのテーブルしか作成できない。

時期ごとなど、複数のシートに分けて入力しておけば問題ない。

 

テーブル名の設定行や列の挿入削除も同じく簡単に感じた。

仕事で少し使っているせいもあるかもしれない。

 

テーブルスタイルの設定も、仕事で使っているため簡単に感じた。

ところが、テーブルスタイルのオプションを表示したり、集計行を表示することは、今回初めてだった。

やってみると、さほど難しくはないのだけど。 

 

テーブルのレコード抽出は、Excelを用いて家計簿を付けているとき使うので、「今までやっていたやり方の名称を知った」という感じ。

空白行を抽出できるから、食費などのカテゴリの記入漏れを把握するために使っている。 

 

テーブルのレコードの抽出のうち、○○以上、上位○○、今年など、条件を設定して抽出するものが、少し難しく感じた。

使い慣れないからかもしれない。

○○以上○○以下なども抽出できる。

使い方はあなた次第な感じだけど、活用できるとかなり便利な感じである。

 

テーブルのレコードの並べ替えを行っても、並べ替え後にテーブルスタイルが再設定される。

簡単に言うと、「いじっても見た目崩れない」ってこと。

 

複数の条件で並べ替えを行うこともできる。

最優先される条件、次に優先される条件・・・という具合で並べ替えられる。

私がやっている仕事内容では、まだ活用できる場面に出くわしていない。

うむむ。

 

テーブル内のデータから、重複した値を削除することも可能。

会員名簿的なものとか、二重に入力していたら問題。

だから、重複の削除をすることで、良い感じにやってくれる。

Excelすごい!

 

確認問題を解いてみて。

フィルターの実行はどうやるんだっけと一瞬手間取った。

並べ替えはー・・・あぁ、あれか!という感じ。

全く分からないわけじゃないので、もう一度やったらだいぶ理解度高まりそうだった。

 

 

てな感じで、3章 テーブルの作成は終わり。

自分よ、お疲れ様だね。

 

Microsoft Office Specialist Excel 2013 対策テキスト& 問題集 改訂版 (よくわかるマスター)

Microsoft Office Specialist Excel 2013 対策テキスト& 問題集 改訂版 (よくわかるマスター)

 

 

▲PAGE TOP

スポンサーリンク