なおやんのブログ

感覚過敏とうまく付き合ってシンプルに生きたい

MENU

私が引きこもる理由の一つに感覚過敏があると思った

スポンサーリンク

初回投稿日 2016年1月19日

最終更新日 2018年2月16日

 

私が引きこもる理由の一つに、感覚過敏があると思いました。

他の人の例は知らないので割愛。

 

 

私の感覚過敏のうちの聴覚過敏を例にとると、

  • ドアを閉めていないかのように、壁が無いかのように音が聞こえる
  • 母が帰宅したか否かは、車のエンジン音で判別する
  • (家の中で)扉や壁を隔てると、会話の内容は分からないが、話しているということは分かる
  • 面と向かって説明されているとき、声が反響したように響いて聞こえる

という感じです。

自分にとっての普通を説明するのは難しいですね。

 

 

私は、急に大きな音がするのも苦手です。

恐怖でしかないです。

 

携帯電話は、いつでもマナーモードにしてあります。

音が鳴ったら、驚いて飛び上がるからです。

マナーモードにしていても、携帯電話を机や床に直に置かず、カゴやハンカチの上に置いています。

床や机に携帯電話を置いていてバイブの音がしたら、驚いて飛び上がるからです。

 

 

聴覚過敏のせいか、寝付きは悪いし、中途覚醒もあります。

病院に行って薬を処方される程度には過敏です。

 

耳自体はそれほど良いわけではなく、耳鳴りが常にしています。

十年以上前の検査では、耳鳴りの音付近の周波数だけ聞こえが悪かったです。

 

 

例を挙げすぎて分からなくなるのも嫌なので、短めにしておきます。

だいたいの音が大きく聞こえるような感じ、音の取捨選択ができないために日常生活がつらい、と言えば伝わるでしょうか。

 

 

普段はどうやって対処しているのかと言うと、

  • 引きこもる
  • 気を紛らわす
  • 気を張りつめる

です。

 

ある音ばかり聞かないように、どこかに視線を向けたり、自分で自分の身体を触るなどして、聴覚だけがひどく刺激されないようにします。

また、気を張りつめて、入ってくる情報を意識して減らします。

 

それでも限界はあります。

限界が来ると、崩れるような感じになります。

だいたいが体調不良として出てくるような気がします。

だからか、緊張性頭痛があります。

体調不良で寝込むのと同時くらいに引きこもります。

 

 

入ってくる情報を意識して減らさないと、ひどく疲れます。

引きこもるというと、暗いとかマイナスイメージが多いと思います。

しかし、私からすれば、引きこもることは自分を守る手段です。

 

 

最近、感覚がいつにも増して過敏になっていたけど、ほんの少し落ち着いてきた記念に書いておきます。

 

 

追記。

聴覚の過敏さについては、耳栓やノイズキャンセリングイヤフォンを使って対処しています。

 

 

耳栓。

SUREFIRE ソニックデフェンダーウルトラ EP7BKMPR

SUREFIRE ソニックデフェンダーウルトラ EP7BKMPR

 

現在使用中。

 

ノイズキャンセリングイヤフォン。

現在使用中。

 

デジタル耳栓

キングジム デジタル耳せん   MM1000 ホワイト

キングジム デジタル耳せん MM1000 ホワイト

 

これは、ノイズキャンセリング機能だけがある耳栓です。

お試しで使ったら、聴き取りやすくて楽でした。

▲PAGE TOP

スポンサーリンク